コンテンツ20選 06 向山式分析批評で知的な授業

全5巻シリーズ

発行元:TOSSメディア

06 向山式分析批評で知的な授業 詳細

一つの作品を見て、たとえば対比なら対比、あるいはイメージならイメージという一つひとつの手法を手がかりにそれを読み取っていくのです。主題そのものはいじらなくていい、勉強しなくてもいいと考えたのです。年に一度くらいは最後に「この主題は何か考えてみよう」とやります。こういうのが「向山型」の分析批評なのです。(本文より)

06 向山式分析批評で知的な授業 目次

コンテンツ20選の詳細

無料版です。印刷及びPDFダウンロード機能が制限されています。

TOSSメディアは、TOSS の活動を支える「教育トークライン」をはじめとする膨大なバックナンバーと書籍、会報、資料などのデジタルアーカイブから、歴史的コンテンツ、教師修行の理論と実践のコンテンツ、明日の授業に役立つコンテンツなどを再構成・編集し電子書籍化したライブラリです。毎月新たに20冊を追加し、現在、収蔵コンテンツは500コンテンツを突破。教育界、教育現場における、最新のテーマ、注目のテーマなどを積極的に取り上げ、教師支援のラインナップの充実を図っております。

電子ブック内テキスト

山式伴孝一的知な業授評批析分で001特別試読版おことわり本コンテンツ内の記述についてはトークライン誌が発行された当時の人名登録商標固有名詞などが記載されております目次1まずは追試から2一文の授業の最高峰春安西冬衛3子供の解釈に驚く授業ふるさとの木の葉の駅坂村真民4桃花片の授業を応用する5俳句の授業を創る00131まずは追試から0011まずは追試から1向山型分析批評とは向山氏は述べている一つの作品を見てたとえば対比なら対比あるいはイメージならイメージという一つひとつの手法を手がかりにそれを読み取つていくのです主題そのものはいじらなくていい勉強しなくてもいいと考えたのです年に一度くらいは最後にこの主題は何か考えてみようとやりますこういうのが向山型の分析批評なのです1993年12月54号79頁たいへんシンプルな説明であるしかし出口の授業1あるいはやまなし2の向山実践を知る方ならばこの説明には疑問を感じるのではないだろうか二つの実践から生まれた向山学級四代目の子どもたちの作1すぐれた授業への疑い明治図書19頁2同書46頁341まずは追試から001文評論文はまるでこういうのが向山型の分析批評では