コンテンツ20選 18 特別支援教育コーディネーターが生きる動き方①

全3巻シリーズ

発行元:TOSSメディア

18 特別支援教育コーディネーターが生きる動き方① 詳細

『適切に教育すれば、将来一人で自立していける人間に成長するのに、小学校の対応のまずさで、生涯「親がかり」になってしまうのである。一人で生活していけないのである。特別支援教育を勉強しない教師の罪は重い。』(本文より)

18 特別支援教育コーディネーターが生きる動き方① 目次

コンテンツ20選の詳細

無料版です。印刷及びPDFダウンロード機能が制限されています。

TOSSメディアは、TOSS の活動を支える「教育トークライン」をはじめとする膨大なバックナンバーと書籍、会報、資料などのデジタルアーカイブから、歴史的コンテンツ、教師修行の理論と実践のコンテンツ、明日の授業に役立つコンテンツなどを再構成・編集し電子書籍化したライブラリです。毎月新たに20冊を追加し、現在、収蔵コンテンツは500コンテンツを突破。教育界、教育現場における、最新のテーマ、注目のテーマなどを積極的に取り上げ、教師支援のラインナップの充実を図っております。

電子ブック内テキスト

特別支援教育コーデイネーターが生きる向山洋一TOSS編著動き方特別試読版おことわり本コンテンツ内の記述については教室ツーウエイが発行された当時の人名登録商標固有名詞などが記載されております目次001すぐれた教材指導法には正しい原則が貫かれている3002我流の指導法でこじれた軽度発達障害の子がいるクラスを新任新卒におしつける学校を糾弾する9003ロンドン教育視察おどろきの教室IT特別支援教育150047年昔ADHDのことをほとんどの教師が知らなかつた時若き女性の編集者が1冊の本を持つてきた21005グレーゾーンの子を荒れから守るため授業で学級を立て直す27006事件事故に巻き込まれる積極的に関わることで子どもを守れるのだ31007幸いと思う時が教師修業のチヤンスの時万策尽きるまで様な手立てを講じよう35特別支援教育コーデイネーターが生きる動き方3特別支援教育コーデイネーターが生きる動き方001すぐれた教材指導法には正しい原則が貫かれている向山洋一教育実践の判断の基準は子どもの事実であるその指導方法が良かつたのか悪かつたのかの判断の基準も子どもの事実である開脚跳びができない子への指導方法が